HAKODATE × NISEKO

函館 × ニセコ パートナーシップのお知らせ。二つの魅力ある街をお得に旅するお手伝い。

Ki Niseko X Danshaku Winter Trifold Hi 1
Ki Niseko X Danshaku Winter Trifold Hi 2

木ニセコ×男爵倶楽部ホテル ←大きな画面で見る

函館とニセコ、二つの魅力ある街

ついに今月末、北海道新幹線が開通します。飛行機が苦手な人、小さなお子様連れの人、待ちにに待っている人も多いとおもいます。

東京から約4時間。道南、函館北斗駅に到着後、どんなルートで北海道を巡ろうかと計画しらっしゃる方も多いでしょう。北海道は広いので、レンタカーでドライブされるのが一番いい方法ですが、このたび、新幹線が開通すると、道南から道内様々な場所への二次交通もどんどん開けてくる予定です。

さて、函館といえば、何を思われますか?五稜郭の桜、ラッキーピエロ、海鮮に夜景。函館は北の玄関口として栄えた港町です。赤レンガの街並みや、異国情緒溢れる坂道に建つ教会や洋館。函館山の夜景はとても有名です。それだけでなく、函館の奥座敷と呼ばれる温泉街もあるんです。

ニセコはちょうど、函館から小樽や札幌へのアクセスの途中にある国際都市です。ご存知羊蹄山がどんと聳え立つ、世界的に有名なスキーリゾートです。冬場はまるで外国のようにスキー客で賑わい、夏は家族で楽しめるアクティビティが豊富なので、のんびりとロングステイされるお客様も多いです。


二つの街を楽しむ

この二つの街にある、「木ニセコ」と「男爵倶楽部ホテル」がパートナーシップを結びました。函館市の中心街に位置する男爵倶楽部ホテルは、男爵全室リビング・キッチン・ビューバス・バルコニー付が標準仕様になっているコンドミニアムタイプで、自宅のような寛ぎ、快適な函館滞在を提供するホテルです。木ニセコに滞在され、ご満足いただけているお客様にはきっと同じく満足していただけるホテルだとおもいます。

このたび、”暮らすように過ごす” コンセプトのこの二つのホテルをお得にご利用していただけることになりました。一方のホテルにご宿泊されたお客様は、ホテルのフロントにてパンフレットに公式スタンプを押していただきます。そのスタンプ付きのパンフレットがあれば、もう一方のホテルで10%の割引が受けられるという仕組みです。(※他のクーポンやキャンペーンとの併用はできません。直接予約のみとなり、予約の際に担当にお伝えください。必ずフロントにてスタンプ付きのパンフレットを確認させていただきます。)


例えばこんな使い方はどうですか

木ニセコでロングステイされるお客様。ちょっと1泊、ドライブで函館観光はいかがですか?車では、約3時間ほど。途中のんびりと道の駅に寄っていただいても、ちょうどいいドライブ時間となり、夏の日の海沿いのドライブはとても気持ちがいいものです。函館の男爵倶楽部ホテルにて、10%の割引を受けて素敵なステイをお楽しみください。

本州から新幹線で函館に来られるお客様。男爵倶楽部ホテルにてご滞在を楽しまれた後は、小樽や札幌まで足を伸ばされてみてはいかがでしょうか。小樽まではニセコから1時間半。ご滞在にはちょうどいい、木ニセコにて10%の割引を受けてお得に滞在。夏のニセコはドライで好天が続き、グリーンが眩しい季節です。ハイキングやゴルフ、食を楽しむのはもちろん、のんびりと羊蹄山麓を巡るドライブもオススメです。

函館の冬は道内の他の地域に比べても比較的雪が少ないのが魅力です。大沼公園のジャンボ滑り台は子供だけでなく、大人も楽しめます。また大沼ではワカサギ釣りも体験できます。でも冬の北海道といえばスキー!スノーボード!スノーアクティビティ!ニセコの冬はパウダー天国。世界中からスノーラバーが集まる国際都市です。ニセコに拠点を置いて、少しゲレンデから一息ついてレンタカーやJRを使ってちょっと違うウィンターアクティビティを体験しにくのも楽しいです。逆に本州からアクセスされるお客様は函館を拠点に、言わずと知れたニセコの「パウダー」をちょっと味見しに来ていただくのもいいかもしれません。

いずれにせよ函館は新幹線開通によって本州からのアクセスも増え、もっと注目を浴びる街であり、ニセコはまだまだ勢いの止まらないスキーリゾートとして注目度の高い街です。私たち木ニセコx男爵倶楽部ホテルは皆様にこの二つの街の魅力を存分に、そしてお得に楽しんでいただきたいという願いを込めて特別割引をご提供させていただきます。

ぜひ、ご活用ください。

予約に関するお問い合わせはstay@kiniseko.comまで。

パンフレットは両ホテルのフロントにてお渡しいたします。ご興味のある方はお声掛けください。

Hokkaido Shinbun

北海道新聞にて弊社の取り組みが掲載されました