Yoske Yamaguchi "き と うず"

2020年7月4日に、木ニセコは再オープンいたします。オープンに伴い、木ニセコのロビーやホールウェイを彩ってくれる洞爺湖町在住の作家Yoske Yamaguchiさんによる展示会のご案内です。昨年秋にもユニークな世界観を見せていただきましたが、また新しい作品がお楽しみいただけます。

【き と うず】

期間:2020年7月4日〜8月2日

場所:木ニセコギャラリー

入場無料

Yoske yamaguchi tree and move around

左 黒=端のないところから言葉がやってくる。
右 赤=端がないもののツガイ

1986年和歌山県生まれ。北海道洞爺湖町在住。

8歳から今まで、たった1つ続けてきたことは「絵を描いて、ボクの感じてることを伝える」こと。

小さい頃から変わった捉え方をしてる価値観が、

絵を描くことで「宇宙だねー! ステキだねー! 」って、みんなに伝わった・・・じぶんの宇宙を発信できたうれしさで、絵を描き続けてきました。

|作家挨拶|

臨時休館後、再オープンの大切な時に展示の声をかけていただいてぼくにできることで一緒に盛り上げられたら、と思いました。
お客様、働いているスタッフさん、ぼくの絵を見てくれた人にちょっとでも喜んでもらいたい!そんな想いもこめて展示タイトルは、「きとうず」にしました。
 
木(き)・・・木ニセコ
渦(うず)・・・循環、めぐる
 
みなさんのひとときの心の余白になれれば嬉しいです。

山口陽介