日本初のオリジナルジンジャービア

ニセコは例年に比べると比較的穏やかな気温が続いてはいますが、時に真夏日となる30度近くに達する日もあります。昼と夜の気温差もあるので体調を崩しがちですが、そんな時にはぜひ、杏ダイニングの自社製造オリジナルジンジャービアをお試しください。

Ginger beer

そもそもジンジャービア って?

同じ生姜を使ったドリンクで有名なジンジャーエールはアメリカ生まれでおよそ150年、それに対しジンジャービアはイギリスで誕生し、約1000年以上の歴史を持っています。「ビア」と名前にありますが、天然酵母の働きによって発酵し、発生するアルコール分を加熱して蒸発させるため、実はノンアルコールドリンク。ジンジャーエールとの一番の違いは、やはり「発酵している」ということ。故に、健康ドリンクとして注目され始めています。

日本初の自社製造ジンジャービア

欧州や豪州などではポピュラーなドリンクですが、これまで国内でジンジャービアが作られなかった理由として、知名度の低さ、またジンジャーエールが主流だと言うことが挙げられます。少量ですが、アルコールが発生してしまうと言うのも要因の一つです。

杏ダイニングの自社製造ジンジャービアは、何よりも原材料にこだわり抜いているのが特徴です。羊蹄山麓で育った有機生姜と有機唐辛子、十勝産の糖蜜、エゾヤマザクラの酵母、広島産のオーガニックレモン、と非常に厳選されています。体に良いものを提供したいと、オーナー自ら着手し、試行錯誤を重ねて2019年に完成しました。

An dinning ginger beer 2996

地元産の高品質トマトジュースで割ったオリジナルメニュー「レッドアイジンジャー」

ジンジャービアの効能

スパイシーでハーブに似た香りと、口に含んだときの良質で控えめな甘みの中に、さわやかさが際立つ杏ダイニングのオリジナルジンジャービア 。まろやかな甘みの天然オリゴ糖が直接大腸にまで届き、乳酸菌を増やすため、整腸効果があるとされています。また、ジンジャーオールとカプサイシンにより、抗酸化作用と新陳代謝の向上が期待できます。

お洒落な瓶での販売もしていますが、この夏は意外に思われる組み合わせ、地元産の高品質トマトジュースで割った「レッドアイジンジャー」にトライするのはいかがでしょうか。こっくりとした桃にも似た芳醇なフレーバーに生まれ変わる、まさにここ、杏ダイニングでしか味わえないメニューです。

杏ダイニングカフェ&バー

木ニセコ1階 0136-22-5151

メール:eat@andining.com